学級通信第9号『さりげなくすごい瞬間…』2021.4.19

ハルキ通信

このカテゴリーでは僕が実際に現場で発行している学級通信を紹介します。

ご自身の学級通信作成のヒントや、実際の学校現場の雰囲気を感じてくれればと思います。

※一部、実際の表記に変更を加えています。

さりげなくすごい瞬間…

「先生、奇数と偶数にすればいいじゃないですか?」

「いいね! それ決定! ナイス!」

金曜日の5時間目は「個人写真撮影」がありました。ですので朝からほとんどの子が制服で過ごしていました。

時間になると、4階の多目的室(前年度に習字をやったところ)に行き、カメラマンさんが素敵な機材を用意して写真を撮ってくれました。

この個人写真、実は「先生たち」も撮りまして、この日は僕もスーツでした。僕がスーツを着ると、子どもたちから「なんかいつもと違う!」と言われます。

話は少しそれますが、昼休みに子どもたちとガーデンで鬼ごっこをしていると、「先生の格好、すぐにバレるね」と言われ、集中攻撃で速攻つかまります。

50m6秒台(今はわからない)の快足も、人がわんさか入り乱れている休み時間のガーデンではまったくもって無力です。せいぜい「早歩き」ぐらいのスピードしか出せません。そうなると、小回りの利く子どもたちの有利です。

さらに追い打ちをかけるように、みんな同じ「体操着」のため、これまたまったくもって鬼の姿がわかりません。まるで絵本の「ウォーリーを探せ」とか「ミッケ」状態です。

繰り返しますが、僕の格好は目立ちます。いや別に特別な格好をしているわけではないのですよ。ちょいスポーティーな至って普通の格好です。この格好で新宿や池袋を歩いても全く違和感はないでしょう(丸の内はちょっときつい笑)。しかし知らぬ間に、この中ではマイノリティー(少数派)になってしまいました。

いやはや空間の力は本当にすごいですね!

さて話を本題に戻しまして、今年度の個人写真撮影は「2つのお部屋」で行いました。

昨年度は1つのお部屋だったので、今年度はとても効率的ですね。ただ、そのことを知ったのは撮影場所に着いた瞬間だったので、さてどう二つに分けようかなと、コンマ数秒考えました。

その時です。

「先生、奇数と偶数にすればいいじゃないですか?」

とこれまたコンマ数秒でナイスフォローが入りました。そして即決定です! 算数の内容をこのように生活で応用できること、本当に素晴らしいですね! これからもこんなシーンがあると嬉しいです!

さて持ち物の確認です。

レジャーシート、分度器、三角定規、コンパス(すべて水曜日まで)を忘れずにお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました