自由進度学習は特別支援教育から生まれた優しい学習である理由【蓑手章吾先生】

ハルキ通信

こんな本を読んでみまして、ぜひ紹介したいと思いました❗

子どもが自ら学び出す-自由進度学習のはじめかた-蓑手章吾(学陽書房)


学校教育の世界は、民間の世界に比べると、変化が遅いと言われます。

しかもそのスピードは、「新幹線」と「自転車」ぐらいの差があるらしいです笑

しかし、それでも約10年間ほど学校の先生を続けていると、

「ああ、学校もいろいろ変わっていくなぁー」と感じます。


変化の対象の一つとしては、何と言っても「授業」です。

先生が説明をして、黒板に書いて、それを子どもたちがノートに写す…

今でも存在する「一斉授業」ですね。

そして今、その一斉授業が変わりつつあります。


たとえば、このサイトでも時々紹介する、上越教育大学教授である西川純先生が提唱した『学び合い』。


そして、今回紹介する蓑手先生が書かれた「自由進度学習」です。


一斉授業とは一味違った授業です。

学校の先生ならば、自分自身の教育観をアップデートするために、ぜひ学んでおいても損はないでしょう❗


特別支援教育から生まれた優しい学習【蓑手章吾先生の自由進度学習を読んで】

書評のルール

誠に勝手ながら、書評をする際に僕なりのルールがあります。

それは、

僕の考えを述べる

です。

ただ本を読んで要約した「劣化版ウィキペディア」のようにはしたくありません。

劣化版ウィキペディアにするぐらいなら、僕が何も書かずに、そのまま原本を紹介した方が筆者のためになると思います。

あくまで僕のフィルターを通し(もちろん筆者への敬意を払って)、そこから何を学んで、何に生かすか、そんな視点で書いていきます。

このプロセスで「おいおい、ちょっとその解釈おかしくないか❓」という声が上がるかもしれませんが、そんなときはぜひコメント欄を活用して、お言葉をいただけたら幸いです。

ご了承くださいませ。


本物のユニバーサル・デザイン授業!

自由進度学習を僕なりの解釈でイメージすると、

同じ時間に、同じ空間で、違う内容を学んでいる授業

だと考えました。


普通の授業だと違いますよね。

子どもたちは「同じ時間に、同じ空間で、同じ内容」を学んでいます。

同じ内容というのは、学習内容はもちろん、「学習ペース」とも考えられます。

普通の授業は、

・国語では先生の発問を元に読解の授業を行う。

・算数では先生の指示のもとで、教科書○ページの問題を解く。

「同じ時間に、同じ空間で、同じ内容」を学んでいます。


もちろん、この授業が良くないだなんて言うつもりは全くありません。

個人的に僕は一斉授業好きです笑

でも『学び合い』も好きです笑


そんな話はさておき、ただ、授業スタイルの好き・嫌いではどうしようもない現場があるのですね。

それが特別支援教育です。


蓑手先生は特別支援「学校」の経験者。

僕は特別支援「学級」の経験者です。

公立の通常級から特別支援教育へ異動してくると、とてつもないショックを受けるのです。

「自分の教育実践が通用しない…」と。


学校ですので、特別支援教育も子どもたちは「同じ時間」に授業を受けたり、遊んだりします。

そして、教室という「同じ空間」で授業を受けます。

しかし、学習内容がその子によって違います。

ある6年生の子はひらがなを学び、ある3年生の子は漢字を学ぶ。

これが特別支援教育です。

これは年齢とか学年とかではなく、どこまでもその子に寄り添い、その子のペースに合わせた教育です。

「自分の教育実践が絶対正しいから、みんなやれ❗」という想いでいると、見事に天狗の鼻をへし折られます笑


特別支援教育の視点を、通常学級の授業に取り入れる「ユニバーサル・デザイン授業」というものがあります。

ユニバーサル・デザイン授業のテクニック論として、たとえば黒板周りの貼り紙をなくしてスッキリさせる、といったものがあります。

ただ、本当に特別支援教育の視点を取り入れるなら、

通常学級でも、子どもたちは同じ時間に、同じ空間で、違う内容を学んでいる授業にすることではないかと思います。


自由進度学習は、たとえば算数なら自分の目標に合わせて、それぞれのペースで取り組む学習スタイルです。

特別支援学校を経験された蓑手先生は、自由進度学習に、まさしく特別支援教育、ユニバーサル・デザイン授業の視点を取り入れたのではないでしょうか。

うーちゃん
うーちゃん

一人ひとりに寄り添った優しい教育やな❗


めあてと振り返り

自由進度学習では、本時の授業に対して、子どもたち自身が「めあて」を立て、「振り返り」を行います。

ただ子どもたちに「さぁ、これから自由に勉強しなさーい!」と言っても、なかなか上手くはいかないでしょう。

やはり、教師のファシリテーターが必要になります。


そこで個人的に素敵だと思うのが、

・達成できるかギリギリのめあてを考えること

・めあてや振り返りをみんなで共有すること

この2つです。


達成できるかギリギリのめあてを考えること

たとえば、

「今日の僕のめあては、教科書○〜○ページを終わらせることです」

と、めあてを立てた子がいたとします。

そして、楽勝で終わってしまったとします。

めあては達成。

しかし、蓑手先生は、

「それでは、めあての立て方がまだ甘い」

と言います。


人間のやる気が高まるのは、自分にとってギリギリ達成できるか、できないかの目標があるときです。

要は、目標の立て方が非常に大切なのですね。

もちろん、目標の立て方は大人でも難しい。時間がかかります。

しかし、子どものときから、そのような習慣を身につけるのは素晴らしいことだと思います。

また、このめあての立て方に関しては、学級経営上の配慮もあるように感じます。

全員が同じ目標なら、そりゃ得意な子、不得意な子が生まれ、自ずと「早く終わった」「正解数」の競争が生まれます。

しかし、自分自身が立てた目標なら、勝負の相手は他ならぬ自分です。

本著の冒頭にも、蓑手先生は競争の教育に対して疑問を持っていた、と述べられていました。

まさしく蓑手先生らしい配慮だと感じました。


めあてに対して、それほどのクオリティーを求めれば、必然と振り返りの質も上がるでしょう。

課題の成果はもちろん、目標の立て方においても振り返りをすることになるからです。


めあてや振り返りをみんなで共有すること

蓑手先生のクラスでは1人1台のノートパソコンがあり、「スクールタクト」という、お互いの意見を共有できるツールを使っています。

ブラウザだけでカンタン双方向授業 schoolTakt(スクールタクト)
Webブラウザだけで協働学習・アクティブラーニングを導入できるschoolTakt(スクールタクト)は、「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境づくりをお手伝いします。

スクールタクトを活用し、子どもたち同士のめあてや振り返りをお互いに共有します。

必然と目標を他人に宣言するカタチになってやる気が高まったり、他人の振り返りを自分の学びへプラスしたりすることもできます。

実は、あの青山学院大学陸上部の原晋監督も、部員に対して、蓑手先生と同じように、目標を共有し合うメソッドを取り入れています。

うーちゃん
うーちゃん

蓑手先生はICTを用いた教育も堪能やで❗


自分で学べる力

自分でめあてを立て、学習し、振り返りができるようになると、いつでもどこでも学ぶ力がつきます。

学校という空間に縛られません。

自由進度学習が真価を発揮したのは、新型コロナウィルスがあって休校になったときだったと思います。


ICTが堪能な蓑手先生は、Zoomやスクールタクトを活用し、休校中も子どもたちと繋がっていました。

子どもたちは、自由進度学習で身につけた学び方を、休校中も生かしていきます。

自分で学べる力が身につけば、いつ、いかなる状況になっても、学びの時計が止まることはありません。

それを見事に具現化したのが、蓑手先生だったのではないかと思います。

うーちゃん
うーちゃん

同じ教師として見習わんとな❗


まとめ:机間巡視から見る優しさ

蓑手先生は、とてもフレンドリーで優しい。

自由進度学習は、『学び合い』のように、子どもたちに時間を託せば、教師は比較的フリーになります。

蓑手先生はその時間に何をやっているのか❓

何周も何周も机間巡視をして、子どもたちを観て、子どもたちに声をかけています。

自由進度学習はシステムさえ学んでしまえば、簡単にできてしまう気がします。

しかし、子どもを自由にするのは、ある意味「諸刃の剣」です。

良い姿も見せるときもあれば、良くない姿を見せることもあります。

たとえトラブルがあったとしても、きっと蓑手先生はその優しさで一つひとつ丁寧に、子どもたちと向き合ってきたのだと思います。


いい本でした❗ 自由進度学習❗

自由進度学習の本質を学ぶと同時に、蓑手先生の素晴らしさについても学ぶことができました。

ぜひ、自分のクラスでも生かしていきたいです❗

今日のシン・キョウシ格言

「自由進度学習は優しさに溢れている教育だね」

ハルキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました