職場で「味方」をつくる方法をサラッと解説【職場の人間関係】

ハルキ通信

あくまで仕事ですので、別に友達でなくてもいいんです。

しかし、仕事において味方はいるに越したことはない。

逆に、敵は少ないに越したことないですね。


職場の人間関係は難しい。

自分に悪気がなくても、なぜか非難されてしまうこともあります。

そこで今回は、

職場で「味方」をつくる方法をサラッと解説【職場の人間関係】

というテーマでお話します。


職場で味方がいると、自分の意見が通りやすくなったり、困ったときに助けてもらえたりします。

ぜひ参考にしてください❗


職場で「味方」をつくる方法をサラッと解説【職場の人間関係】

結論は以下の3つになります。

・自分のことが悪いと考えている人はいないと思う

・他人を批判してはいけない

・あなたは大事な存在なんだと伝える

もう少し詳しく見ていきましょう。

うーちゃん
うーちゃん

楽しんでな❗


自分のことが悪いと考えている人はいないと思う

「自分のことを何でもわかってくれる」

これは家族や親友なら当てはまるかもしれません。

しかし、仕事の仲間はちょい違います。

学校の先生はいい人が多いですが、それでも各々の「教育観」は異なります。

規律を重視する人。

子供の個性を第一にする人。

様々です。

そして、どれも正解はありません。

己の教育観で行動しています。

そして、それを悪いとは思っていません。


時には、相手の教育観に納得がいかず、モヤモヤしてしまうこともあるでしょう。

しかし、それでも「子どものため」という熱い想いは同じなはずです。

共感し合うところをしっかり認め、共感し合えないところも対話を通して、お互いの想いを知り合うことが大切です。

うーちゃん
うーちゃん

「なんで学校の先生になったのか」ということをお互いに話すとええで❗


他人を批判してはいけない

もちろん、人間なので怒りや愚痴はあります。

しかし、他人を批判したところで問題は何も解決しません。

また、他人への批判は絶対に遺恨を残します。

論理的には絶対に正しいと思っていても、人間は感情の動物です。

相手は「わかりました」と言っても、その仕事の質は保障できたものではありません。

繰り返しますが、怒りや愚痴はあります。

時には吐き出すのも大切です。

しかし、それを声に出して批判をするのは、あなたの憂さ晴らしだけなので、できるだけ避けましょう。

うーちゃん
うーちゃん

ボクも経験あるけど、仕返しが高く付くで❗


あなたは大事な存在なんだと伝える

人間は重要感、つまり誰かから必要とされている感覚を持つと、やる気になります。

ですので、声掛けや役割を与えることは、その人への存在を認めることになります。

チームで行動するとき、ぜひ一人ひとりをよく観て、互いに認め合う空気を作りましょう。

うーちゃん
うーちゃん

仕事を振って、役割を与えることは大切なんやで❗


まとめ:相性もあるが…

正直、人間関係は何とも言えぬ「相性」というものがあります。

ただ、それでも、他人から信頼される努力をし、味方を増やすことです。

職場に信頼できる味方がいれば、仕事も楽しくなります❗

ぜひこれからもお互い頑張っていきましょう❗

今日のシン・キョウシ格言

「味方を作る努力は必ず報われる」

ハルキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました