ミニマリスト先生のスッキリ戦略3選【簡単にできる働き方改革】

ミニマリスト

「教室や職員室がいつもグチャグチャで片付かない…」

「頭の中もいつもグチャグチャで仕事が遅い…」



こんな悩みはありませんか?


おはようございます。ハルキと申します。

今現在、教師歴が10年ほどでして、公立小学校・私立小学校・特別支援学級などを担当してきました。

学年主任をはじめ、特別活動主任や視聴覚主任などを経験しています。

また、様々な教育雑誌・教育新聞の連載、講演活動も行っています。


今回は、「ミニマリスト先生のスッキリ戦略3選」というテーマでお話します。



最近、You Tubeなどで耳にするようになったミニマリスト。

なるべく物は最小限、それはそれはスッキリした人たちです。

僕自身も結構なミニマリストです笑

ミニマリストの手法や考え方を使うと、あなたの働き方が少し改善されるかもしれませんよ!


基本的に記事の内容は、「これから小学校の先生になりたい!」と思っている人か、もしくは若い先生向けです。

ただし、経験者であっても役に立つ情報だと思いますので、ぜひ楽しんで読んでいただけたらと思います。

それでは行きましょう!


ミニマリスト先生のスッキリ戦略3選

まず、ミニマリストの手法や考え方を取り入れると何がいいのか?

結論、

「仕事が早くなる」

です。

仕事が早くなれば、やりたいことにもっと集中できます。

帰宅も早くなります。

周りからの評価も上がります。

いいことばかりです!


これから紹介する3選は、あなたの働き方をより効果的・効率的に、それもメチャクチャ簡単にできるので、ぜひ取り入れてみてください。

また、本記事の最後には、オススメの書籍も紹介するので、是非ご覧になってみてください。


物は買うな 物は借りろ

ミニマリストの極意は「必要最小限」です。

したがって、物はなければないほどいいです。

とはいえ、教室や職員室にいくつかの物は必ず必要になるのですが。


100均通い辞めましょう!

教室や職員室がゴチャゴチャしてしまう人は、まず100均とかで物をたくさん買ってきてしまいます。

かつての僕もそうでした。

でも、待ってください。


「そのお買い物、本当に必要ですか?」


はさみやのり、ファイルなど、それって学校の事務室にありませんか?

・何かを作る際、画用紙や道具が必要? それって図工室にありませんか?


僕が今まで赴任した学校はどこにでも、一通りの文房具セットはありましたよ❗

それを知ったのは3校目の学校でしたが、僕はまさしく「何も持たずに」赴任しました。

鉛筆も、ノートも、採点ペンも、

学校にあるだけの文房具で、何とかなっちゃいました笑

物は借りましょう! そうすれば身の回りもスッキリしますし、金銭的な負担も減ります!

あとおまけとして、物が少ないと、年度末の教室移動や、学校異動のときもラクになります❗


お菓子やお茶だって、みんなでシェア!

あと気になるのは、お家からお菓子やお茶を持ってくる人。

あれも正直「もったいな〜」と思っちゃいます。


学校の職員室に、共用スペースにお菓子やお茶って、置いてありませんか?



共用スペースの物は、おそらく自分たちで、お金を出し合って買っているものですよね。

活用しなければもったいない!

僕は毎日のように、職員室からコーヒーをいただいています。

もちろん、お買い物担当の先生にはきちんと感謝しましょう。(僕も担当をやったことあります)


ワークシートを作るな

ワークシートを自作でコツコツ作っている方、

もちろん素晴らしいと思います。

ただ、はっきり言って、「それ、大変じゃね❓」と思っちゃいます。

また、ワークシートを作ったら、印刷して、子どもたちに配布します。

つまり、ワークシートという「物」が増えてしまうのです。

物は最小限であるミニマリストの極意に反してしまいます。


45分か、まぁできても数時間程度のために使用するワークシート、

もう一度見直してみませんか。


既存のワークシートを活用しましょう!

もちろん、すべてのワークシートを否定しているわけではありません。

「自作」ワークシートを見直そう、ということです。

今の時代、ネットや本から、先人が考えた素晴らしい教材が手に入ります。

ぜひ活用していきましょう!


ノートを活用しましょう!

僕が一番オススメするのは、もっとノートを使うことです。

ワークシートになると、

1.ワークシートを作る

2.ワークシートを印刷する

3.ワークシートを回収する

といった作業工程が生まれます。


これがノートとなると、

1.子どもはノートを常に持参。よって特別作る必要なし

2.ノートは1人1冊。よって印刷する必要なし

3.ノートは回収した後も管理がしやすい。ワークシートは紙なのでバラバラになってしまう可能性がある

ノートですと、回収した後に、子どもたちへすぐ返そうとなりますので、手持ちの物を減らすことができます。

もちろん、今流行りのICTを上手く使って、なるべく物を出さないのもいいですね❗

良くも悪くもワークシートはどうしても授業者の思惑通りの展開になりがち。ノートの方が子どもたちの発想も豊かになります!


トラッシュボックスを作っておきましょう!

最後にオススメするのは、教室や職員室に「トラッシュボックス」を作っておくことです❗

これは何かと言いますと、「一時的にプリントを置いておく場所」です。


教室の場合

学校には毎日のように配布物やプリントが出ます。

そのプリントは、クラスの人数ピッタリというわけでもなく、数枚ほどプラスで配布されることが多いです。

余ったプリントは、無くしてしまった子たち用に取っておきます。

ただし、そのプリントの「行き場所」がないのです。

何もしないとプリントが整理されないまま、どんどん溜まってしまいます。


僕は黒板の下に少し大きめのダンボールを用意し、そこに余ったプリント類をポイポイ入れています。

必要なければ、学期末とかにまとめて捨てます。

仮にプリントを無くしてしまって、余りが欲しい子たちにも、その箱から見つけ出せます。

大切なことは、余ったプリントの行き場所が1つだけ、というところですね。

1つだけなので、どこに何があるのかすぐにわかります。

あと別の用途として、子どもたちから紙が欲しいと言われたら、その箱から「再生紙」として利用することもできます❗


職員室の場合

職員室も教室と同じぐらい、毎日のようにプリントが出てきます。

同じく、トラッシュボックスを作っておきます。

職員室の場合は、必要なプリントか、必要ではないプリントを判断することです。

必要なプリントは手元に置き、

必要でないプリントは、すぐトラッシュボックスに入れ、余裕があれば捨てます。


ただ、厄介なことに「この内容は必要なのかな?」と微妙なラインがあったりします笑

僕はそいつをトラッシュボックスに入れてしまいます。

どんな長くても学期中に使用しなければ、もう捨ててもいいでしょう。

もし使うことになっても、トラッシュボックスのどこかには入っているので、何とか探せます。


ちなみに職員室のトラッシュボックスは、無印で買った、縦における箱を足元に置いています❗

情報の管理も余計なカテゴリーに分けず、少なければ少ないほどいいですよ!

ぜひ参考にしてみてください。


まとめ:おすすめ書籍紹介

以上が僕のオススメする働き方改革の一部です。

一番大切なことは、「物がスッキリすると、頭の中もスッキリする」ことです。

目の前に余計な情報がないので、作業に集中しやすくなるのです。

僕自身、この方法を使うことで、すごく仕事が効果的・効率的にできるようになりました。

ぜひ、あなたも生かしてみてください!

最後に、僕が働き方改革において役に立った本を紹介しますね。

ご精読感謝致します❗

コメント

タイトルとURLをコピーしました